スイミングの効果

スイミングの効果

スイミングは、育ちざかりのお子様に最適なスポーツです。

効果01 丈夫な身体をつくる

冷たい水が刺激となり、皮膚や免疫力が強化されます。
風邪のひきにくい、丈夫な身体がつくれます。

効果02 運動神経アップ

水の中は三次元です。
上下左右自由に動き回れるので、子供の時期に一番成長する運動神経や
バランス感覚の発達に役立ちます。

効果03 バランス良く発達

水泳は全身運動です。
手足から腹筋、背筋、そして内臓まで、全身の筋肉が鍛えられるので、
バランス良く身体が発達します。

効果04 身体の働きを活性化

水圧を受けながら呼吸することで、呼吸器官が活性化されます。
心肺機能も向上し、ぜん息の改善にも効果的とされています。

効果05 身体への負担が少ない

キッズの身体(骨や筋肉、関節)は、まだまだ成長過程、身体に負担がかかるスポーツは不向きです。
その点、スイミングは浮力が働く水を生かし、陸上に比べて体重負荷を約1/10に軽減します。

効果06 体力の向上と肥満解消

最近のキッズは、遊びを通じた運動量が少なく体力が低下していると言われてます。
また幼児から自動の肥満も増えている様です。
スイミングは水の負荷を利用し、効率的に身体を動かす事ができます。

効果07 神経が発達する幼児から小学生。始めるのは、早ければ早い方がいい。

成長期であるキッズのトレーニングを考えるとき、よく使用されるのが「スキャモンの発達曲線」。
体組織の発育の特徴を4つのパターンに分けてグラフ化したものです。
それによると、器用さやリズム感を担う神経系の発達は、4・5歳までには成人の80%程度にも達します。
神経回路がつくられる大事な時期だからこそ、早くスイミングを始めると、それだけ早く上達できます。
また、この時期にマスターした泳法は、大人になっても忘れることはありません。

体験も入会もネットで簡単予約!

topへ戻る